引越しするときの役立ち情報

引越しするときに知っておきたいお役立ち情報サイト|お得な見積もりの方法

引越し価格の相場を知ろう

 

引越しをする場合、いくらくらい費用がかかるか心配な場合は、インターネットを使って簡単に相場を知ることができます。必要事項を記入し自動で費用の計算を行うことができるようになっています。必要事項というのは、転居先までの移動距離、階数、エレベーターの有無、車両の横付けが可能かどうかなど現在および転居先の環境、さらに荷物のリストやエアコン、BSアンテナ、荷造り荷解きなどのオプションを加えます。自動計算では平均的な費用が算出されますので、おおよその相場を知ることができます。

 

さらに引越し費用の一括見積サイトを利用すれば、引越し業者比較をすることができます。この場合は、各引越し業者ごとに見積もりの費用が算出されますが、業者同士を比較してみると、引越し費用にはかなりの差があることがわかることでしょう。この算出された費用は、引越し業者の選定に際して役立ちます。引越し業者ごとにサービス内容や得意とする分野があります。また、引越し業者によっては割引キャンペーンやオプションのサービスなどを実施中のときもありますので、それらを加味しながら選定作業にはいると良いでしょう。インターネットを使って相場を知った後は、実際に自宅まで来てもらって、正式な見積もりをしてもらいます。

 

複数の引越し業者と見積もり手続きを

 

引越しに必要な費用は、業者によってかなりばらつきがあります。そのために、一社の引越し業者だけで決めるよりも、複数の引っ越し業者から見積もり手続きをとり、どこが安いか、あるいはサービスはどこが違うのかなど、引越し業者比較してみると、最も最適な引越し業者を選別することができます。

 

引越しにかかる費用は、転居先までの距離、荷物の量、引越しに派遣されるスタッフの人数を基本として、各種オプションサービスや段ボール費用などが加算されていきます。比較する業者数は3社以上が良く、できれば同じようなサービス内容で揃えてみると比較しやすくなります。複数比較してみると、最安値の業者と最高値の業者とでは倍近くも差があることも少なくありません。安いからといって仕事が適当ということはありませんので、ある程度名前の通った引越し業者であれば、安いところはお勧めです。安くなった分をオプションにまわしても良いでしょう。

 

複数の引っ越し業者から見積もりの手続きを取る場合は、見積もりの日時が重ならないように注意しながら、電話で予約を入れます。最近は、インターネットで一括見積を依頼することもできますが、最終的には家に来てもらうことになります。引越し予定日より最低でも一カ月前には業者を選定し、余裕をもって荷造りができるようにすると良いでしょう。

 

引っ越し価格を比較するときの注意点

引越しは条件によってかなり料金に差があります。通常は運搬する荷物の量や運ぶ距離、そして引越しする時期によって料金の相場が大きく変動します。通常の料金相場よりも高い料金となるのが年度末から新年度の始まりにあたる3月から4月ごろの時期です。引っ越し料金は、たとえ同じ条件でも、会社によってサービス内容や得意とする部分が違ってくるので、結果的に料金に大きな差が出ることが少なくありません。また、引越し先が建物の何階か、エレベーターがあるかないかといった事でも変わります。もともと引越し料金というのは、算定するときに条件によってかなり差が出るものです。引越し料金の総額というのは、基本運賃と割増料金、実費、オプションの合計によって算出されます。基本運賃は業者間で大きな差はありません。割増料金は休日割増、深夜早朝割増、繁忙期の割り増し、地域によっては冬季割増などがあげられます。また、オプションはたとえばエアコンの取り付けや取り外し、不用品の処分などがあげられ、業者によって内容も料金も大きく異なるので、事前にしっかりと確認することが大切です。引越し業者比較サイトなどを利用して価格を調べる時にも、そのあたりのことをきちんと頭に入れていないと、いざ業者を選んでみたら結局高くついてしまった・・・ということにもなりかねません。

 

引越しの見積もりをするときにはこのサイトで一括申請するのがおすすめです。

 

>> 引越し見積もりならこちら

 

 

引越し時に交渉を行う場面について

引越しを行うことが必要になった場合では、現在ではインターネットを活用することによって、複数の業者から引越し見積もりを提示してもらうことのできるシステムを持ったサイトが用意されています。サイト上では現住所や住宅の状態、そして引越し先の場所や物件の状態、さらに引越しを利用する日程などを指定することによって、見積もりを得ることができるものになります。各社からは後に見積もりが提示されることになり、実際に接触を行うことによって正式な見積もり額を知ることができます。その際には中には交渉を行う方も存在しています。交渉の目的としては、やはりできるだけ低料金で済ますことを目的としていることが前提となるために、その場合では、一定の法則やルールなども必要とされています。例えば引越しシーズンと呼ばれている3月に関しては、あまり大きな減額はされない傾向にありますが、その他の月に関しては、時期的に閑散期となっているのであれば、十分に交渉できる範囲となり得ます。また、荷物の取り扱いについても双方が話し合いを行うことも効果的になり、例えば自動車を所有されている方の場合では、自動車を活用して荷物を自ら輸送する等、譲歩することも必要な場面もあります。

 

 

春は大学入学、転勤などで単身の引っ越しが非常に多いものです。引っ越す際は、一般的に引越し業者を利用するのが一般的です。しかし引越し業者と一言に言っても、全ての業者が同じ内容のサービスを行ってくれるわけではありません。そのためインターネットなどを利用して引越し業者比較をおこなうことをお勧めします。インターネットなどでは全国の引越し業者を集め、ボタン一つで一括資料請求や見積もり依頼を行うことが可能のです。同業の引越し業者でも単身の引っ越しに派遣するスタッフの数、パッキンの数にも違いがあり、引っ越し料金に大きな差があることがわかってきます。当然、引っ越し後にテレビやエアコン、洗濯機の設置サービスなどが組み込まれているプランを提示する業者の費用は当然高いものになっています。自分が引っ越しにおいてどいいったサービスを重視するか、安さなのか、荷扱いの丁寧さか、利便性を重視するのかなどによって業者選びを行うと良いでしょう。安さ至上主義で引っ越しを行いたいのなら、引越し業者に拘らず、宅配便業者の単身パックなどといった引っ越しサービスを利用するのも一つの方法です。ワンカートに詰め放題で、三万円前後の費用と明瞭であり安さが魅力です。

 

東京引越見積

続きを読む≫ 2014/06/16 14:54:16

ホーム RSS購読 サイトマップ